CodeRyoku's BLOG

プログラミング教育サービス「CodeRyoku」の公式ブログです。CodeRyokuの講師が、プログラミングの基本のTipsや講座の開講情報など、ゆるく綴っていきます。

公式サイトはこちら

2018-06-19

【池袋】子ども向けビジュアルプログラミングによるゲーム開発体験ワークショップを開催しました

written by: ARAKAWA

keywords: プログラミング, 子ども, 講座

はじめてのプログラミングでゲーム開発体験ワークショップにて、皆さん前を向いて講師の話を聞いています。

ビジュアルプログラミングツールを使用したゲーム開発体験ワークショップを池袋で開催しました。実施結果を報告します。

 当日のカリキュラム

プログラミングの世界を楽しんでもらえるよう、子どもがみんな大好きな「ゲーム」を題材にしました。ゲームといっても、すごろくゲーム、クイズゲームなど様々ありますが、今回は、少し難しめのシューティングゲームづくりにチャレンジしてもらいました。

  1. 今日のテーマの発表
  2. プログラミングの基礎を学ぼう(設計について)
  3. 完成品を確認しよう
  4. ビジュアルプログラミングツールの使い方を学ぼう
  5. プログラムを完成させよう
  6. ゲームをカスタマイズしてみよう
  7. みんなの前で作品を紹介してみよう(プレゼンテーション)
  8. 今日のまとめ

 受講の様子

まず、シューティングゲームをつくるにあたって必要な要素や機能について考えてみました。プログラミングの世界では、最初にしっかり設計してイメージを持ってものづくりに入ることが大事であることを学びました。
次に、ものづくりのために必要なビジュアルプログラミングツールについて、簡単な使い方を学びました。プログラミングは決して難しいものではありません。ビジュアルプログラミングツールを使うことによって、難しい命令文を直接入力することなく直感的に処理を作っていくことができることを学びました。
次に、少し数学的な話になりましたが、ゲームプログラミングの世界で重要になってくる、座標の概念についても学びました。本来は中学生で習うべき内容ですが、みんな真剣に聞いてくれました。
実際にものづくりを進めていく中では、正しく作っているはずなのにうまく動かない..といったハプニングもたくさんありました。思わぬハプニング、プログラミングの世界では「バグ」と言ったりしますが、これはものづくりを進めていく上で必ず当たる壁です。何がおかしいのだろうと考え、解決していくプロセスを体験することができました。
完成したゲームに対して、オリジナルのゲームにするためのカスタマイズにもトライしてもらいました。クリエイティブな才能を発揮してもらっていたのではないかと思います。
最後に簡単なプレゼンテーションをしてもらいました。クラスのみんなでプログラミングのアイデアを共有することができました。

 みんなの感想

当日アンケートを取らせていただいた中の一部をご紹介させていただきます。

  • プログラミングは初めてでしたが、わかりやすく学ぶことができました。子供がプログラミングに対してより興味が増した様子でした。これを機にもっとプログラミングを学んでいきたいと思いました。
  • ゆっくりついていけるペースで、簡単すぎず難しすぎずバランスが良かったです。子供の興味が持続する内容でした。
  • わからないところもありましたが、置いていかれず丁寧に教えてもらいました。少人数で丁度よかったです。
  • プログラミングが初めてだったのですが、プログラミングの考え方などわかりやすく教えてもらいました。

講座終了後は「次はいつやるのか?」「新たな発見ができて楽しかった!」「次も参加します!」といった今後もプログラミングを学んでいきたい、といった意思を感じる、非常に嬉しい感想をお子様から直接いただきました。

 まとめ

半日の短いワークショップでしたが、プログラミングが楽しいものであることを感じていただけたのではないでしょうか。今日の体験講座をきっかけにして、プログラミングに興味を持っていただければ幸いです。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。また、今回の講座は募集開始後、すぐに満席になってしまったため、残念ながらご参加いただけなかった方もいらっしゃったかと思います。ぜひ、次の機会にご検討いただければ幸いです。

プログラミングを学びたいですか?
CodeRyokuではプロのITエンジニアによるプログラミング講座、ワークショップを東京、博多、仙台、オンラインで開講しています。オンラインセミナーは全国各地から受講可能です。詳しくは、こちらのページをご覧ください。また、子ども向けプログラミング教室を東京、博多、仙台、大分、オンラインで開講しています。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

ブログトップへ戻る

 PROFILE

Kohei ARAKAWA
- System Engineer

宮城県出身のITエンジニア。国内大手IT企業にてシステム開発プロジェクトのプロジェクトマネジメント、複数のWebサイト構築実績。「HTML5レベル1」認定プロフェッショナル等。


 KEYWORDS


 ARCHIVE