CodeRyoku's BLOG

プログラミング教育サービス「CodeRyoku」の公式ブログです。CodeRyokuの講師が、プログラミングの基本のTipsや講座の開講情報など、ゆるく綴っていきます。

公式サイトはこちら

2018-04-06

子ども向けプログラミングの学び方

written by: ARAKAWA

keywords: プログラミング, 子ども

子供がプログラミングを学ぶ方法として、いくつかのステップを踏むことで、より楽しく学べるものと考えています。段階的なプログラミングの学び方について考察します。

 はじめに

2020年にプログラミングが義務教育化されることもあり、子供によるプログラミング学習が注目されています。ですが、急にプログラミングスキルを身につけよう、と言われても具体的にどういった手法で何を学べばよいのか分からない、という方が多いのではないでしょうか。今回は、そんな方向けに私がオススメする学習法をご紹介します。

 まずは触れてみよう

例えば、楽器を習いたい人は、なぜ習うのでしょうか。お気に入りの曲を弾きたいから、オーケストラに憧れたから、といった目標があってはじめる方が多いのではないでしょうか。 プログラミングも同じです。まずは、何はともあれ、実際にプログラミングされている製品に触れてみることが大事です。パソコンにインストールされているソフトウェアでも、RPGゲームでも、お絵かきソフトでも。好きなもので構いません。 ポイントは、

  1. 実際に触れてみる、体験してみる。
  2. 興味や疑問を持つ。
  3. 自分も作ってみたい。
  4. プログラミングを学びたい。

といったプロセスを経て、学習意欲を掻き立てることだと思います。楽しいことで、より学びを深めることができます。

 入門はビジュアルプログラミングがおすすめ

いきなり、いかにもな感じの文字の羅列を見ると、拒否反応が起こってしまうかもしれません。そういったことを避けるために、入門として、ビジュアルプログラミング言語を学ぶことをおすすめします。ビジュアルプログラミングは、その名の通り、視覚的にプログラミングすることのできる開発ツールです。パーツを配置し、それを組み合わせることでものづくりをする、といったイメージでプログラミングを行います。ツールにもよりますが、マウス操作をメインに作業ができるため、取っつきやすいのが魅力的です。プログラミング特有のややこしいことはなるべく減らして、まずは楽しくものづくりを行い、プログラミングの基本的な考え方を身につけるのがよいと思います。

 本格的なプログラミング言語を学ぶ

ビジュアルプログラミング言語を学ぶことで、プログラミング的な思考を身につけることができます。このプロセスを経た子供は、本格的なプログラミング言語においても(文字がズラズラと並んでいたとしても)比較的理解がしやすいものと思っています。様々な言語がある中、私がおすすめするのは、JavaScriptです。理由はいくつかあり、別記事でも載せていますが、人気で強力なプログラミング言語でありながら、比較的学習しやすいためです。また、世界中で様々な用途で用いられており、例えば、ゲーム開発などのライブラリ(機能をまとめたもの)も豊富にある、といったことも魅力的です。

関連記事
フロントエンドのスキルを学ぶ意義

 世界中のコードを見てみよう

大人の方にプログラミングを教える際によく使う方法なのですが、例えば、すでに完成しているモノに対して、どういった仕組みで動いているのか、プログラムソースが公開されていれば、自分で解析してみる。すると、意外なところでおもしろい発見があったりします。 一点注意が必要なのは、それが必ずしも美しいソースコードで書かれているとは限らないことでしょう。

プログラミングを学びたいですか?
CodeRyokuではプロのITエンジニアによるプログラミング講座、ワークショップを東京、博多、仙台、オンラインで開講しています。オンラインセミナーは全国各地から受講可能です。詳しくは、こちらのページをご覧ください。また、子ども向けプログラミング教室を東京、博多、仙台、大分、オンラインで開講しています。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

ブログトップへ戻る

 PROFILE

Kohei ARAKAWA
- System Engineer

宮城県出身のITエンジニア。国内大手IT企業にてシステム開発プロジェクトのプロジェクトマネジメント、複数のWebサイト構築実績。「HTML5レベル1」認定プロフェッショナル等。


 KEYWORDS


 ARCHIVE